泡の力で、
お手入れ時の摩擦を防ぐ

間違ったスキンケアは肌に強いダメージを与えてしまいます。
洗顔や洗体の際に汚れを落としたいために、ついゴシゴシと強くこすってしまいがちです。しかし、強くこすることで起こる摩擦によって、肌は目に見えない深刻なダメージを受けています。

肌を守りながらも汚れを落とすのにはどうしたらいいのでしょうか?
最適なのは泡です。それもなるべくキメの細かな泡がよいといわれています。キメの細かい泡の洗浄成分は皮膚の表面だけでなく毛穴にも入りやすくなり、余分な皮脂や毛穴汚れ、埃を包み込むように取り除いてくれるため、泡は肌にとって、とても大切な役割りを負っているのです。

About PIPO

PIPOについて

優しく洗ってしっかり落とす

PIPOは洗顔料やボディソープ、シャンプーなどの洗浄剤に水を加えて振るだけで、簡単にきめ細かい濃密泡が作れる攪拌用ボトルです。

密閉した状態で容器を振ることで特許を取得した特殊なスプリングに衝撃が加わり、その衝撃が振動に進化します。この振動から発生する「音」の共鳴が生まれてくる泡を次々に細かく粉砕し、空気をたっぷりと含んだミクロサイズの高密度な泡をつくりだします。その濃密な泡は、肌にも髪にも負担をかけずやさしく汚れを落とします。

赤ちゃんやお子様、お年を召した方の繊細な肌への使用はもちろん、ペットのシャンプー時にもおすすめです。

Secret of PIPO

泡のひみつ

PIPOの泡はネットで泡立てた泡の半分以下です。
さらに、PIPOで泡立てた泡を20秒ほど手で揉むようにすると、その泡はさらに小さく細かいホイップクリームのようなふわふわ泡となり、顔、髪 、体をやさしく包んで洗いあげてくれます。

泡立てネットで20秒泡立てた泡の場合
95.0μm

PIPOで20秒泡立てた泡の場合
38.0μm

PIPOで20秒泡立てた泡をさらに20秒
手揉みをした泡の場合 17.7μm

※自社調べ

ボトル内の限られた空気の中で泡立てた泡はしっとりとしていて濃厚。泡の形状は多角形で非常に細かい小さな泡となっています。その小さな泡が皮膚や毛穴に入り込み、洗いはじめると外気を含んで柔らかく軽いふわふわ泡に変化します。この変化した泡は多角形から本来の形である円形に戻ろうとし、そのときに一緒に汚れを吸引するため、高洗浄が実現します。

※画像はイメージです

How to use PIPO

PIPOの使い方

泡の作り方

  • お手持ちの洗浄剤(シャンプー、ボディシャンプー、洗顔料など)と分量の水をボトルに入れます。

  • 中身が漏れないようにしっかりとフタを閉め、タテ・ヨコ・ナナメと20秒〜30秒間ほどシェイクします。

  • マイクロレベルの泡が完成!フタ部を下に向け、10回程度シェイクし側面を軽く絞って泡を出します。

計量方法

お手持ちの洗浄剤(シャンプー、ボディシャンプー、洗顔料など)とキャップで計量した分量の水をボトルに入れます。

石鹸と水の配合表

市販の原料形態 市販の形式 原液量(1回分) 溶かし水量(1回分)
液体ボディソープ ポンプ式(500ml) 1プッシュ 20ml
液体ボディソープ ポンプ式(250ml) 2プッシュ 20ml
ペースト チューブ式 3.0cm 20ml
粉末 容器内式 1杯(ティースプーン) 20ml
固形 固形の削り粉(おろし器で削る) 1杯(ティースプーン) 20ml

※上記の配合表を基準に、泡の濃度は原液量及び水を増減して調整してください。

お好きな洗顔料やボディソープ、シャンプーなどの洗浄剤に水を加えて20秒~30秒ボトルを振るだけで、簡単にきめ細かい泡が作れます。ボトルを振ることで特許を取得した特殊なバネに衝撃が加わり、その衝撃が振動に変化。この振動から発生する「音」がボトル内で共鳴して泡を細かく粉砕し、洗浄剤の持つ効果を最大限に引き出すミクロサイズの泡がボトルいっぱいにできあがります。
泡を出すときは、フタを下に向けて10回ほどシェイクしていただくと、泡が出やすくなります。
PIPOで作った細かい泡は肌の汚れを浮かび上がらせ、強い摩擦を与えなくても、するりと汚れを落とし、心地よい泡切れが体験できます。

使い方

  • ボトルから泡を出し、たっぷりと手に取ります。

  • 顔・体・髪にのせたら、こすらず優しく洗います。

  • すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流します。

Movies

動画で見るPIPO

Q&A

よくある質問

どんな洗剤でも使えるのですか?

一般的に市販されている洗剤であれば問題ございませんが、洗顔やボディ用など用途・目的に合ったものをご使用ください。

音がうるさい気がするのですが

通常では作れないほど細かい泡立ちを実現するため、特許を取得した特殊なスプリングを使用しています。申し訳ございませんが、現在のところ、どうしても音が出てしまいます。

泡立てた洗剤は何日も使えますか?

泡が消滅するまで数分間ございますが、一度消えた状態からクリーミーな泡を作ることは困難です。また、衛生の観点からも、面倒でもご使用ごとに泡立てていただくようお願いいたします。

通常の洗顔ネットや類似商品と同じではないのですか?

特許を取得した特殊なスプリングによる特別な泡たちです。出来上がる泡のきめ細やかさが全く違います。特に体感していただけるのは、泡切れの良さ、さっぱりとした使い心地です。

どのくらいの量の泡を使ったらいいのでしょうか?

泡の量は洗剤と水の配合表を参考に、お好みで調整してください。ご使用に慣れるまでは泡が多くできてしまったり、足りなくなることもあるかもしれませんが、数回のご使用ですぐに慣れると思います。また、PIPOの泡に慣れてしまうと、市販の洗剤そのままでは泡切れが悪く気持ち悪いと感じてしまう方もいらっしゃいます。PIPOの素晴らしい泡切れをお楽しみください。

もっと大きなボトル、小さなボトルは無いのですか?

いまのところボトルはワンサイズです。PIPOのスプリングが最高の泡を作り出すために必要な大きさでもありますが、今後の研究改良を進めていく中で、サイズのバリエーションもご用意できるよう勤めてまいります。

News

ニュース

Company

会社概要

会社名
ミツエム株式会社
代表者
増本幹成
所在地
〒737-0142 広島県呉市広駅前1-2-17
電話番号
0823-43-1128
設立日
平成23年4月20日
事業内容
液体状の攪拌器、泡立て器の製造、販売、輸出業
液体撹拌装置の製造、販売、輸出業
電気設備、冷暖房設備工事
空調設備工事、昇降設備工事、衛生設備工事
電気設備、冷暖房設備及びその他ECO製品の販売、輸出入
資本金
10,000,000円
主要取引先
料材開発株式会社
取引銀行
広島銀行、広島市信用組合
許可・登録・免許
特許書 特許第6703246
特許書 特許第6960188
特許書 特許第6964923

Contact

お問い合わせ

    サイトのご利用にあたって

    本ウェブサイトはミツエム株式会社(以下「当社」といいます)が運営しております。
    本ウェブサイトを利用される前に以下の利用条件をお読みいただき、これらの条件にご同意された場合のみご利用ください。
    本ウェブサイトをご利用されることにより、以下の条件にご同意されたものとみなします。
    なお、以下の条件は、予告なしに変更されることがあります。
    本条件が変更された場合、変更後の利用条件に従っていただきます。あらかじめご了承ください。

    1. 1. 著作権について

      本ウェブサイト上のすべてのコンテンツに関する著作権は、特段の表示のない限り当社に帰属しております。そのすべてまたは一部を、法律にて定められる私的使用等の範囲を超えて、無断で複製、転用、改変、公衆送信、販売などの行為を行うことはできません。

    2. 2. 商標について

      本ウェブサイトで使用されている商標・ロゴマーク・商号は、当社の登録商標または商標です。商標法またはその他の法律により認められている場合を除き、当社の事前の承諾なしに、これらを使用等することはできません。

    3. 3. 免責事項

      当社は、本ウェブサイトに掲載されている内容について、その正確性、有用性、確実性について保証するものではなく、一切の責任を負わないものといたします。 当社は、予告なしに、本ウェブサイトの運営を中断または中止、掲載内容を修正、変更、削除する場合がありますが、それらによって生じるいかなる損害についても一切責任を負いません。また本ウェブサイトのご利用によりお客様または第三者のハードウェアおよびソフトウェア上に生じた事故、データの毀損・滅失等の損害について一切責任を負いません。

    4. 4. リンクについて

      営利、非営利、イントラネットを問わず、本ウェブサイトへのリンクは自由です。 ただし、公序良俗に反するサイトなど、当社の信用、品位を損なうサイトからのリンクはお断りします。また事前事後にかかわらず、その他の理由によりリンクをお断りする場合もあります。

    5. 5. ご利用環境

      当ウェブサイトは、OSはWindows、ブラウザはInternet Explorer、Google Chromeを推奨しております。その他のブラウザでご覧になると、機能の一部が正しく動作しない場合があります。また、当ウェブサイトは、JavaScriptを使用しているページがございます。ブラウザのJavaScript設定を無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されないことがあります。

    6. 6. 個人情報の取得・管理について

      本ウェブサイト及び当社出版物の提供に際した個人情報の取得・及び管理については、「プライバシー・ポリシー」をご確認ください。・ご利用にあたりお気づきの点がございましたら、下記までご連絡くださいますようお願いいたします。

    7. 7. クッキー(Cookie)の使用について

      本サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しております。クッキー(Cookie)とは、webサイトにアクセスした際に、コンピュータやタブレット、スマートフォンなどのインターネット接続可能な端末内に保存される情報のことです。

    クッキー(Cookie)の使用

    本サイトの利便性及びサービスの品質維持・向上を目的として、クッキー(Cookie)を使用しております。なお、閲覧する方の個人情報を取得する目的では使用しておりません。

    Google Analyticsの利用

    また、本サイトでは、サイトの利用状況を把握するためにGoogle社の提供するサービスであGoogle Analyticsを利用しております。Google Analyticsは、クッキー(Cookie)を利用して本サイトの利用状況を分析するものであり、当社でその分析結果を受領し、本サイトの利用状況を把握しております。
    Google Analyticsにより収集、記録、分析された情報には、特定の個人を識別する情報は一切含まれておりません。Google Analyticsのクッキー(Cookie)により収集されたデータは、26か月の経過により、自動的にGoogle社のサーバーから削除されます。また、それらの情報は、Google社により同社のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。
    Google Analyticsの利用規約及びGoogle社のプライバシーポリシー、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用については、それぞれ以下のURLをご参照ください。

    当協会のwebサイトにて使用されるクッキー(Cookie)は、上記以外の目的では使用されません。

    オプトアウトの方法について

    閲覧する方の利用端末の各ブラウザでクッキー(Cookie)を許可するか、あるいは無効化する等の、クッキー(Cookie)の設定変更ができます。また、ブラウザを介して端末からクッキー(Cookie)を削除することも可能です。詳細な設定方法に関しては、各ブラウザのヘルプメニューをご参照ください。

    プライバシーポリシー

    ミツエム株式会社(以下、「当社」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)における、ユーザーの個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

    第1条(個人情報)

    「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌、指紋、声紋にかかるデータ、及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

    第2条(個人情報の収集方法)

    当社は、ユーザーが利用登録をする際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を、当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下、「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

    第3条(個人情報を収集・利用する目的)

    当社が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。

    1. 当社サービスの提供・運営のため
    2. ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
    3. ユーザーが利用中のサービスの新機能、更新情報、キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
    4. メンテナンス、重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
    5. 利用規約に違反したユーザーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし、ご利用をお断りするため
    6. ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更、削除、ご利用状況の閲覧を行っていただくため
    7. 有料サービスにおいて、ユーザーに利用料金を請求するため
    8. 上記の利用目的に付随する目的

    第4条(利用目的の変更)

    1. 当社は、利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り、個人情報の利用目的を変更するものとします。
    2. 利用目的の変更を行った場合には、変更後の目的について、当社所定の方法により、ユーザーに通知し、または本ウェブサイト上に公表するものとします。

    第5条(個人情報の第三者提供)

    1. 当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
      1. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
      2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
      3. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
      4. 予め次の事項を告知あるいは公表し、かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
        1. 利用目的に第三者への提供を含むこと
        2. 第三者に提供されるデータの項目
        3. 第三者への提供の手段または方法
        4. 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
        5. 本人の求めを受け付ける方法
    2. 前項の定めにかかわらず、次に掲げる場合には、当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
      1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
      2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
      3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

    第6条(個人情報の開示)

    1. 当社は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
      1. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
      2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
      3. その他法令に違反することとなる場合
    2. 前項の定めにかかわらず、履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

    第7条(個人情報の訂正および削除)

    1. ユーザーは、当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正、追加または削除(以下、「訂正等」といいます。)を請求することができます。
    2. 当社は、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正等を行うものとします。
    3. 当社は、前項の規定に基づき訂正等を行った場合、または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく、これをユーザーに通知します。

    第8条(個人情報の利用停止等)

    1. 当社は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行います。
    2. 前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。
    3. 当社は、前項の規定に基づき利用停止等を行った場合、または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをユーザーに通知します。
    4. 前2項にかかわらず、利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じるものとします。

    第9条(プライバシーポリシーの変更)

    1. 本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、ユーザーに通知することなく、変更することができるものとします。
    2. 当社が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

    第10条(お問い合わせ窓口)

    本ポリシーに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

    • 住所:広島県呉市広駅前1-2-17
    • 社名:ミツエム株式会社
    • Eメールアドレス:info@mizem.jp